海外旅行の旅じたくトップ 本文へジャンプ

   海外旅行の旅じたく > 荷物の準備 > 海外旅行の保険

海外旅行の保険について


パッケージツアーには標準で保険がついているはずですが、最低限の保障内容に限られているので安心はできません。

旅先での疾病、事故、傷害、紛失、強盗など危険はいつも隣り合わせです。

旅行中の万が一に備えて海外旅行に行く際は保険に入ることをオススメします。
保険の入り方
 保険を選ぶ

海外旅行保険は、以下のようなチャネルで購入できます。

旅行代理店の保険 たいていの旅行代理店で保険をあっせんしてくれます。
こだわりがなければ旅行代金支払いと同じタイミングで購入しましょう。
クレジットカード付帯の保険 大抵のクレジットカードには海外旅行の保険が付帯しています。
旅行代金をクレジットカードで支払うなどの条件が必要になりますので、条件を事前に確認しておきましょう。
保障金額や内容もカードによって異なります。
保険会社から普通に購入 書類を取り寄せる方法もありますが、インターネットでも購入できます。
空港の保険自動販売機 空港でも自動販売機で購入することができます。忘れていた場合は空港で出発町の間に。

海外旅行保険は種類にもよりますが、以下のような保障がついています。

・死亡・後遺障害
・傷害治療費用
・疾病治療費用
・賠償責任(対人、対物)
・携行品傷害
・救援者費用

疾病や事故ではなく、
空港でトランクを受け取ったら壊れていた
観光地でカメラが濡れて壊れてしまった
街でカバンが盗まれてしまった
ショッピングで見ていたものを壊してしまった
といった場合も故意、過失でなければ保険の対象になる場合が多いです。
保険はいらない!という人もどんな保障があるかぐらいは確認しておきましょう。

 保険を受けるときの注意事項

実際に被害にあって、保険金を請求するときも注意が必要です。
保険会社はなるべくなら保険金は払いたくないはずなので、きっちり書類を揃えておかないと、満足な対応をしてくれない可能性があります。
以下に保険金請求に必要になることが多い書類を記載します。

パスポート ・・・ 大抵は必須
保険金請求書 ・・・ 規定の書式があります。保険会社から入手しましょう
事故証明書 ・・・ ほとんど全ての場合に必要
医師の診断書 ・・・ 疾病の場合、対人傷害の場合
治療費明細、領収書 ・・・ 疾病の場合、対人傷害の場合
示談金領収書 ・・・ 対人対物傷害の場合
損害額証明書 ・・・ 対物傷害の場合の修理費用明細等
損害品明細書 ・・・ 購入したときのレシートなど(対物傷害、携行品障害)
損害額証明書類 ・・・ 物であれば事前にデジカメでとっておき、市販価格がわかるようにしましょう。
保険の証書 ・・・ 保険証書です。クレジットカードの場合はカードです。
その他書類 ・・・ 保険会社が他に提出を要求したもの

※他にも保険によって必要なものがありますので、保険を購入したら必要書類の確認をしておきましょう。





      

      


免責条項